教諭の資格がとれる学校|アロマセラピストになるために専門知識を学びましょう
ウーマン

アロマセラピストになるために専門知識を学びましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

教諭の資格がとれる学校

筆記用具

学歴と資格の両得

幼稚園教諭は、子供の成長を見守るのが主な仕事です。音楽やお絵かきの他、日々の運動やコミュニケーションを通して子供を教育していきます。この幼稚園教諭の資格は、四年制大学や短大以外にも専門学校の幼稚園教諭教育課程で必須科目を履修することで得られる資格です。また大学によっては、この幼稚園教諭と保育士の資格に加えていくつかの資格も同時に取得ができます。また四年制大学や大学院を卒業して取得できる物は、幼稚園教諭専修免許状か一種免許状になります。短大は幼稚園教諭一種免許状のみで、専門学校では二種免許状が取得可能です。この後それぞれ就職先の採用試験を受けることになるわけですが、四年制大学や短大を卒業した方が学歴がある分若干有利になるでしょう。そのため四年制大学や短大を受験して、幼稚園教諭になる勉強をするケースが多くなっています。

試験や適正も必要

大学で勉強し、幼稚園教諭の資格を得たからといって自動的にその仕事に慣れるわけではありません。公立や私立幼稚園など、必要な採用試験を受けて合格して初めて幼稚園教諭を名乗れます。採用試験については、公立なら各都道府県が用意している教員採用試験を受けなくてはいけません。それ以外の私立や国立の場合は、それぞれの幼稚園が実施している採用試験を受ける必要があるでしょう。さらに幼稚園教諭の仕事は、資格だけでなく適性も重要なポイントになります。子供が好きなことも必要とされる要素ですが、それだけでは仕事を続けていくのは難しいはずです。また大学と専門学校では、学ぶ内容も大きく異なります。より専門性の高い幼児教育の勉強がしたい時は、やはり四年制大学でじっくり取り組むのがお勧めです。