女性

アロマセラピストになるために専門知識を学びましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で役立つ専門スキル

PCと女性

ビジネス分野の専門資格には多くの種類があります。その中でも英語のスキルや経営管理に関する専門資格は有用性の高いものです。これは昇進や転職に役立つだけではなく、将来的な独立を視野に入れた際にも活用できるスキルです。

もっと詳しく

香りによる癒し効果で人気

アロマオイル

活躍の場は広くあります

アロマオイル(精油)で、身体や気持ちをリラックスさせ、症状改善をうながすアロマセラピストという資格があります。種類がたくさんあるアロマオイルの中から、リラックスしたいのかスッキリとリフレッシュしたいのかなど、目的や身体の不調に合わせてベストなオイルを選んで施術を行うアロマセラピストは、特に女性に人気がある仕事です。アロマテラピーの専門職ではなくても、アロマオイルが配合されたトリートメントで頭皮マッサージをしたり、顔やボディのエステ施術中に部屋に香りを焚いてリラックス効果を高めるなど、アロマオイルが活用された美容メニューは人気があります。エステティシャンや美容師などの仕事をしている方が、アロマを使ったサービスを提供するために知識を学ぶというケースも多いです。

資格の特徴

アロマセラピストの仕事をする時、資格を持っていることは必須ではありません。資格を取るのであれば、日本では国家資格はないので、各協会が認定する民間資格の取得を目指すことになります。認知度の高い資格として、アロマテラピー検定1級2級があり、1級取得後の上位資格としてアドバイザーやセラピストの資格を取得できる協会もあります。これらの民間資格を取得するには、専門のスクールや通信講座で学ぶのが一般的です。講座では、精油の種類や効用などの基礎知識や身体の仕組み、施術方法を実践で学びます。スクールによってカリキュラムの内容は様々です。自分自身で楽しむための簡単な講座から、プロとして仕事をしたい人向けの講座など、内容に差があるので目的にあったものを選ぶことが大切です。

教諭の資格がとれる学校

筆記用具

幼稚園教諭の資格は、四年制大学や短大以外にも専門学校で学ぶことで得られます。ただし、それぞれの進路で取得できる幼稚園教諭の免状の種類が違います。また幼稚園教諭になるには、採用試験を受けるほか適性も必要です。さらに学校により学習内容も違うので、より専門性の高い勉強をするなら大学に行くのが一番でしょう。

もっと詳しく

保育を4年間学べる場所

学生

幼稚園や保育園などで働く資格を取得できる学校の一つに、保育系の大学があります。資格取得に向けたカリキュラムはもちろん、子供たちに関わる様々な知識やスキルを学べるのが特徴です。保育士の仕事を極めたいならぜひ選びたい学校です。

もっと詳しく